青森大学 青森県ヘアアーチスト専門学校 青森山田学園自動車専攻科 青森山田高等学校広域通信制課程 青森山田中学校 呉竹幼稚園 蛍が丘幼稚園 北園幼稚園

学校評価

学校案内

学校評価

平成28年度自己評価の分析

基準評価
<職務遂行上必要とされる水準を
S:大幅に上回っている。
A:上回っている。
B:ほぼ達成されている。
C:達成されていない。
D:大幅に下回っている。
結果についての分析と改善策
・全教職員が授業・部活動・学校行事等を中心とした、本校の教育活動に大半の生徒が真摯に取り組み、日々努力している。進学・就職共に生徒の目標達成と同時により高い目標設定も必要になる。入学から出口まで生徒一人ひとりに教員が持てる力を注ぎこむ。
・全体的に見て、教員の自己分析の結果を見ると、向上意欲をもって取り組んでおり概ね評価できる内容になっていると思われる。しかし客観的に見ても全教員がそれぞれの職務に懸命に取り組むとともに、生徒のことを考え先生方が日々研鑽をつみ、生徒のために継続的に努力をつむ。
・学校・家庭・地域と連携を図ると同時に、保護者との強い絆を作り上げ、繰り返し面談を実施し情報交換に努め、共通認識を持つ。
基準評価
<職務遂行上必要とされる水準を
S:大幅に上回っている。
A:上回っている。
B:ほぼ達成されている。
C:達成されていない。
D:大幅に下回っている。
結果についての分析と改善策
・先生方が意欲的に授業改善に取り組んでいるが、生徒の将来・未来は授業の質にあるという意識をもって、より一層の授業改善に取り組む。例えば教科指導に於いて暗記型授業が多く行われていることが予想される。生徒が主体的に参加して自分の意見を発表することが学力の向上に繋がる。課題を課すことにより、家庭学習を促し、その継続により家庭での学習が習慣づけになるように工夫・改善していく。
・教科間での連携ともに、生徒の実態を踏まえた目標設定・評価を行うことが必要になる。生徒理解のため、方策を探りながら、授業評価の実施、改善すべきところは積極的に問題解決へ取り組むことが必要になる。そして、生徒の能力に応じての学習活動や興味・関心を生かす学習など、生徒がわかる授業の一層の工夫に努めていく。

基準評価
<職務遂行上必要とされる水準を
S:大幅に上回っている。
A:上回っている。
B:ほぼ達成されている。
C:達成されていない。
D:大幅に下回っている。
結果についての分析と改善策
・頭髪服装指導、登校指導、挨拶の励行、交通安全指導等を継続して行い、基本的生活習慣の定着に努め、生徒の自己意識の確立、基本的な生活習慣の確立を図る。
・生徒一人ひとりの良さを生かし伸ばす指導と同時に、ネットトラブルの防止、生徒の心に届くいじめゼロの取り組みを進め、今まで以上に生徒の規範意識を高める。
・学年・分掌・教科が一層連携を強化して、教職員が研修を積み教育課題解決のために取り組むことが重要になる。また、保護者へも情報提供し対応していく。

基準評価
<職務遂行上必要とされる水準を
S:大幅に上回っている。
A:上回っている。
B:ほぼ達成されている。
C:達成されていない。
D:大幅に下回っている。
結果についての分析と改善策
・学校の発展には、先生方の熱心な指導と保護者の協力が不可欠になる。学校の評価を高めるため にも、保護者の学校に対する信頼や満足の高さによる結果が重要になる。
・中学生の志望状況は外部評価の指標である。入学したいという学校にするため、本校HPの更新、本校の魅力の発信、本校教育活動の成果を積極的に情報公開していく。
・確かな学力の向上のため基礎学習の充実、社会で通用する人材の育成、生徒の質の向上を目指す等の、学校全体とての具体的なプログラムの立案していく。
・開かれた学校と教育力を高めるために、今まで以上に中高一貫教育事業の推進、高大接続事業の 展開を積極的に進めていく。