普通科・演劇コース

令和4年度より募集停止
部活動の演劇部として活動を継続する。

度より劇を創造する喜びを味わい、豊かな感性を培います。

演劇づくりのための演技・演出法や照明・音響などの舞台技術を互いに学び合うことで、協調性や自主性を培うとともに、豊かな感性を身につけ、社会で必要とされるコミュニケーション能力や表現力の育成を目指します。

 

演劇コース紹介MOVIE

1週間の時間割[1年次]

コースのポイント

台詞(ことば)の基本訓練の実施

発声・発音・物言う術の基本的練習を行うことで言語感覚を磨き、ことばで感情表現することの楽しさを学びます。

体・動作(しぐさ)の基本訓練の実施

柔軟体操やストレッチ体操・呼吸体操などを反復練習することで身体表現能力を高め、演技力の向上を目指します。

グループ別素材上演の演習と合評会の実施

素材台本にもとづき、グループ別の発表会を実施することで、演技・演出力を高め、発表後の合評会をとおして鑑賞能力や意見発表能力を育みます。

人間性の伸長を目指すワーキング実習の実施

スタッフ(裏方)のメインワークである照明・音響・装置・衣装などのプランニングや製作実習をとおして他との協調性や主体的責任能力を培います。

先生からのメッセージ

福浦 俊光 先生(演劇教科担当)

本校の演劇部は、発声・発音の練習や身体の訓練を行い、舞台照明や音響などの技術を身につけることで、演劇づくりの基礎を学びます。高文連の演劇コンクールなどにも挑戦し、共同作業により信頼ある仲間作りを目指します。舞台を作る中で自分の可能性を再発見してみませんか。

 

進学・就職状況

進学 大学

日本大学/常磐大学/青森大学/青森中央短期大学/青森明の星短期大学/弘前医療福祉大学

進学 専門学校

東京アニメーター学院/ヒューマンアカデミー仙台校/仙台スクールオブミュージック&ダンス専門学校/ワタナベエンターテイメントカレッジ/ハローミュージカルアカデミー/日本工学院専門学校/東京ダンス&アクターズ専門学校/尚美ミュージックカレッジ専門学校

就職 県内

都観光開発株式会社/有限会社ジークフリート/三光電機㈱/㈱ワコール

就職 県外

株式会社マコト/有限会社新日邦/エネクスフリート㈱北日本支店/篝火の湯緑水亭

在校生の声

木浪 柚葉さん
木浪 柚葉さん

演劇コースでは、発声・発音・動作などの基礎や表現力を養い、作品をとおして協調性などを身に付けることができます。私自身、中学から演劇をやっていましたが、山田高校の演劇コースに入って照明・音響などの裏方の仕事や、今までやったことのない役などに挑戦することができました。
演劇コースは経験者じゃないと入れないと思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません!初心者でも大歓迎です!みなさんも演劇コースで私達と一緒に活動してみませんか?

 

卒業生の声

三上 莉衣菜さん(H25年度卒業)東宝芸能所属 ミュージカル俳優
三上 莉衣菜さん

青森山田高校を卒業後、東宝ミュージカルアカデミーで、1年間ミュージカルの基礎を学び、卒業後は、帝国劇場で上演されました「レミゼラブル」の主演俳優の付き人を経て、11月にプロとして初舞台を踏みました。
9歳の頃、ミュージカル俳優になると心に決め、今、一歩ずつ夢に近づけているのも、青森山田高校での毎日の練習があったからです。
演劇は一人では決して成り立ちません。沢山の作品を観て研究し、仲間と意見を並べ、あっという間に、その日の練習が終わってしまうこともありました。辛いことも沢山ありましたが、家族よりも時間を共にした仲間達がいつも助けてくれました。
自分の好きなことを思う存分勉強できる青森山田高校、「気力」「迫力」「全力」で、どんなことがあろうと自分に自信を持ち、夢に向かってチャレンジして下さい。私も帝国劇場の大舞台に立てるよう日々精進する所存です。一緒に頑張りましょう!

佐々木 樹姫(R2年度卒業)仙台スクールオブミュージック&ダンス専門学校 音楽コミュニケーション科 声優&舞台俳優専攻1年

佐々木 樹姫さん

私は青森山田高等学校で、演劇の作品を作り上げる活動を通して、人と関わり協力する楽しさや礼儀正しく謙虚に学ぶ姿勢を学び人間的に成長できたと思っています。
元々人と関わることがあまり得意ではなくて、単にお芝居に興味があって演劇部に入部した私も、演劇は人と人が関わることで作品が完成するのだということを学びました。
ひとつの舞台をつくるためには、役を演じる人が台本を読んで演技の練習をする、というだけでは成り立ちません。照明と音響、舞台セットなどの大道具、衣装や小道具など、裏方を担う1人1人にも自分の役があります。先輩後輩の垣根を越えて、全員がコミュニケーションをとって協力し合うことで、やっと作品を観客に届けることができます。
日々の練習では、顧問の先生はもちろんのこと、一緒に活動する先輩方から学ぶ機会が多かったことが印象深いです。進級し後輩ができて、自分の練習だけではなく全体の演出や演技指導をする立場になってから、先輩方のようにはいかずとても悩みましたが、その時間が自分の成長に繋がったと思うので、今ではむしろ経験できて良かったと感じています。
お芝居について悩んだり上手くいかないこともたくさんありますが、自分は1人ではないと思える居場所で充実した3年間を送れたことに感謝しています。

>学校案内

学校案内

学校案内の資料に関しては毎年6月中旬から下旬頃、パンフレットを新しいものに更新となります。
パンフレットにつきましてはデジタルパンフレットでご確認・印刷していただきますようお願いします。