調理科校外実習 津軽金山焼き

平成28年6月22日(水)

調理科1年生全員(39名)が五所川原市に行き津軽金山焼き校外実習を実施しました。

目  的
豊かな食生活を支える食の担い手としての知識高揚をはかり、食文化を学ぶ一環として陶器作りを体験することにより、調理への理解を深める。

実習内容:各自でカップ、皿等の製作をし、焼窯で仕上げる。

タイムテーブル
8:55  調理室集合、諸注意
9:10  学校発
10:10  五所川原着、体験実習
12:00  五所川原発
12:45  学校着

CIMG2280 CIMG2286

CIMG2299 CIMG2330

感想

・始めは難しいと思いましたが、みんなで声をかけあいながら作っていたらうまく作ることができてよかったです。

・小学校の時にも金山焼きの体験をしたことがありますが、その時はほとんど手伝ってもらってやっていたのですが、今日は自分の力で作ることができてよかったです。

・うまく作れるか不安がたくさんありましたが、最後コップの底に名前を入れたときはとてもうれしかったです。

・調理科の勉強は料理の事だけだと思っていましたが、今日陶芸体験をして、料理を盛り付けるお皿やコップなども重要で大切なことだとわかりました。

>学校案内

学校案内

学校案内の資料に関しては毎年6月中旬から下旬頃、パンフレットを新しいものに更新となります。
パンフレットにつきましてはデジタルパンフレットでご確認・印刷していただきますようお願いします。