2年生スポーツコース スケート実習を行いました

2年生スポーツコース スケート実習

目 的
本校スポーツコースにおいては、実習授業の一環として「スケート実習」を実施することにしている。スケートは高度なバランス運動であり身体の調整力・筋力・持久力を高め、精神面においても気力や根性が養われる。
今回は氷上に親しみながら技術を身に付け、おおいに体力増進を図ることを主旨として実施する。

 

 

 

 

 

期 日 

第1回目 平成29年10月25日(水)・26日(木)  2年6組 37名(女子8名)
第2回目 平成29年10月27日(金)・31日(火)  2年8組 36名(男子のみ)
第3回目 平成29年11月14日(火)・15日(水)  2年5組 36名(女子6名)
第4回目 平成29年11月16日(木)・17日(金)  2年7組 37名(女子9名)
★合計146名(男子123名・女子23名)

3 実 習 場
盛運輸アリーナ青森(県営スケート場)

4 日 程
12:00  HR,諸注意、昼食
13:30  学校出発(バス)
13:40  スケート場着
13:55  実習開始
15:15  実習終了・後始末
15:30  スケート場出発
15:40  学校着

5 マナー
スケートリンクは多くの人が一緒に滑って楽しむ所である。安全に気持ち良く滑る為にお互いにマナーやエチケットを守り迷惑をかけないように心掛けることが大切である。 

①フェンスに腰を掛けて休んで雑談をしない、また、フェンスをまたいで出入りするのは危険である。
②リンクは左回りの一方通行である。逆周りすると衝突して大きな事故を招く事になる。
③コースを横切らない。リンクの出入りは左右を確認し流れに沿って滑り、少しずつ目的の場所近づくようにする。
④滑走者の近くで極端に蛇行走行や急停止をしない。特に初心者がバランスを崩し転倒することもあるので注意する。
⑤自分の能力に応じたスピードで滑る。スピードを出しすぎると止まる時に止まれなくて物や人に衝突し怪我をする。
⑥3人以上連なって滑らない。リンクは混雑しているので大勢の人が縦や横に連なって滑る事は他人に迷惑をかける。
⑦リンクに落ちているゴミはエッジに引っ掛かると転倒の原因となる。発見したらすぐに拾ってポケットに入れる。
⑧リンクサイドで靴を履いたらゴムの上を歩くようにする。
⑨貸し靴の返却は水分を良くふき取って、靴紐を結び、両足を揃えて返却する。

>学校案内

学校案内

学校案内の資料に関しては毎年6月中旬から下旬頃、パンフレットを新しいものに更新となります。
パンフレットにつきましてはデジタルパンフレットでご確認・印刷していただきますようお願いします。